リスクを冒してでも同僚の人妻がいい!

人妻が好きな男性が多いということについては周知のとおりですが、しかし実際のところ、「好きだからといってそう簡単に近づけるものではない」というのも、人妻さんに特有の雰囲気がある気がします。

しかしそれでもやはり人妻と仲良しになりたいと思う男性は少なくありません。

やはりどうしても断念せざるを得ないと判断する理由は、「人妻とどうやって出会ったらよいかわからない」という根本的なところにあります。

もし人妻と出会える手段があるのであれば、喜び勇んでその手段を決行する覚悟がある男性は少なくないでしょう。

でも、もし「同じ職場」に好みの人妻さんがいるとしたらどうでしょう?

これに関しても、結論から言えばやはり「断念せざるを得ない」と考えてしまう男性が多いようです。

同じ職場の人妻との関係をためらうのは何故か?

人妻と関係を持つということはすなわち、「会社からのペナルティの対象」となってしまうからです。

そして、そのペナルティを受け入れるということは、自分が妻子持ちの場合は自らの家庭崩壊を招くことになりますし、また、少なくとも人妻さん側の家庭崩壊は確実に招かなければならないことになるわけです。

そういったリスクがあまりにも大きすぎるということが、男性の意識を尻込みさせてしまう根拠になっているのです。

しかしそれでも人妻さんが大好きで、しかも自分の好みの人妻さんが同じ職場にいるとするならば、やはりどこかに「せめて1回くらい何とかならないものか・・・」と考えるはずです。

大前提として、「誰にも関係がバレない」という条件が必要ではありますが、逆に言えば、その条件さえクリアすれば、「同僚の人妻と関係を持つ」という最大の冒険は、いつスタートしてもよい状態にあることは間違いありません。

ということは、「同僚、もしくは同じ職場の人妻」というのは、男性にとって非常に関係を持ちやすいということになるわけです。

何しろ、「人妻との出会い方がわからない」という、人妻と出会う上で最大のネックとなる部分がクリアされているわけですから。